タコライフ タコワーク バランス

自身のPDCAを回そう 昨今の興味は記録・片付け・効率化

参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ

時間を見積もるということ

参加しています
にほんブログ村 手帳

こんにちはタコです。

今回は時間の見積もりに関する考えを書き出したいと思います。

 

 

そもそも時間の見積もりって

 

何かを実行する前に

その工程に掛かる時間を予測する行為

 

これを私は時間を見積ると表現しています。

この時間を見積るという行為を意識的にし始めたのは手帳にはまったり

ライフハックという記述をよく目にするようになってからです。

 

なにか作業などの行動に移す前に

その行動に掛かる時間が何分か予想

計測して予想と実績の乖離を確認します。 

 

f:id:kayutako:20180806234508p:plain

 

ノートや手帳にメモしておくと後々振り返る時に便利です。

 

この見積 予想と実績との差が小さいほど良いと考えます。

差が小さい=自分を理解している=行動計画が立てやすいからです

 

予想に対して実行結果がが短すぎても

長すぎてもあまりよろしくないと思うんですよね

 

計画よりはやく終わったパターン

なにかしらの意識が働いて行動の見直しを測っての結果ではあれば

喜ばしいのですが 無意識に行動して予想よりはやく終わるパターンは

私としては自分に甘い評価をしていたなと感じることが多いです。

 

逆に予想に対して長く時間がかかってしまった場合

自分自身を過大評価しすぎだ!!と戒めの気持ちを持つようにしています。

 

最近特に計画に対して実績のほうが大きいので後者となるパターンが多いです。

もっと自分の能力を知りなさい!と思います

 

 

こんなふうに書くと

なんだかタコってストイックなのかな?と思われてしまいそうですが

私はこれを24時間ずっとやっているわけではありません。

集中したい仕事だったり 工程を見直したいことがあった場合のみ

計画と予想と実績を取るようにしているのです。

なので部分的にストイックになっているだけなので

全体のスケジュールを見ると対してガツガツしていません。

 

 

なぜそんなことを始めたのか

 

以前はその日のやりたいことがありすぎて

頭の中でその工程が渦を巻いていました

毎日定時間際になるとまったくできない自分にがっかりしていました。

 

けれど時間を見積もる

自分を知る

自分のスケジュールがコントロールできるようになると

 

メリハリのある生活を送れるようになってきます

私はこれらを意識するようになってから

自分を褒めてあげられる回数が増えてきたようになります

無理を詰め込まないようになってきました。

 

 

余裕が生まれると次へのチャレンジ精神だったり

健康になったりと思考的にも身体的にもいいことが増えます。

 

これからも私は自分の未来行動に対して時間を見積もり

継続的に 意識してデータをとり 自分を知っていきたいと思います。

 

 

タコでした。