タコライフ タコワーク バランス

自身のPDCAを回そう 昨今の興味は記録・片付け・効率化

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ

Evernote活用法 子供関係の書類

 

こんにちは、タコです。

今回は子供たちが保育園や小学校から配布されて、

保護者へと届くお便り、お手紙、お知らせ、通信、手紙などの

「紙」類の片付けと、整理について私が実践していることを書きたいと思います。

 

 

小学校は保育園とは比べものにならないくらいの紙、紙、紙…

まずは配布物の量とタイミングについてです

保育園 : 頻度 毎月(月末)

      内容 園だより・給食だより・保健だより・お金関連

 

小学校 : 頻度 ほぼ毎日

      内容 学校だより・学年だより・クラスだより

         給食だより・保健だより

         PTA関連・教材購入のお知らせ・教育委員会関連

         企業団体からの宣伝類 などなど

 

保育園は毎月大体月末に一括で上記のお便り類を配布します。

これは2つの保育園を経験している

私の実体験です。

 

かたや、小学校。

予想はしていましたが毎日のように紙類のお便りが届きます。

発行元も学校内外、組織別なのでそれはそれは多いです。

たまに内容も被っていることがあります。

 

これらの内容を、批判するわけではありませんがこの紙類の多さといったら入学当初ちゃんと、全てに目を通せるのか不安でした。

 

なぜこんなに、お便りが多いのか

 

保育園と異なり小学校に上がると預け先と親との口頭でのコミュニケーションが格段に減少します。

 

保育園時代は担任の先生だけでなく園長先生、担任外の先生達との口頭でのやり取りがとにかく多いです。

体調のこと、子供の成長について、困っていること、嬉しかったこと、育児の悩み、園生活に関する相談など

子供にまつわることをなんでも相談する、出来る環境にありました。

些細なことから深刻な悩みまで相互でのやり取りが容易にとれたのです。

 

かたや、小学校は学校側と親との日々の個別のやり取りは連絡帳です。

相当数の児童を預かるので大変なのでしょう

基本的には個別案件は連絡帳に書くように

返事はそこに書きますスタイルです。

学校側からのお知らせはお便りに書きます。という形。

 

必要情報は親がお便りから読み取らなくてはいけません。

たまに  ん?というような記述があったり

書いてあるとおり実行されず親子で戸惑うこともありました。

 

 

ちょっと話はそれましたが

私は学校(保育園)から受け取ったそれらの資料を読んだらすぐに必要情報を手帳にメモをして

給食の献立と親が記入して学校へお返しする必要があるお便り以外は全て画像にして保存しています。

 

保管先アプリはEvernote

読み取りアプリはScannableです

 

f:id:kayutako:20180805174330j:image

 

 

 

今年からEvernoteを有料会員になったので

読み取った画像データの検索力が格段にアップしました。

そしてオフラインでも使えるのがいいですね!

読んだ気がするけど詳細なんだったっけ?みたいな時にとても役にたちます。

 

個人的には良い投資だったと思っています。

 

読み取ったお便り(紙)はすぐにゴミ箱行きです

 

おかげさまで紙に埋もれることなく1学期を終えることができました。

とくに問題も不具合も生じていないのでこれからも続けていこうと思います。

 

タコでした