タコライフ タコワーク バランス

自身のPDCAを回そう 昨今の興味は記録・片付け・効率化

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ

読書グセ(癖)をつけようと思った結果

2018年のゆるい目標に「1年間で100冊の本をよむ」がある。

私は漫画が大好きなのでおそらくジャンルに「漫画」をいれれば半年もしないうちに

その目標はクリアできると思うがあえて漫画を入れないことを条件とした。

 

2018年の目標と掲げておきながら実際 緩くも行動にうつせたのは4月からだ。

読書記録も専用のノートを作ろうと思ったが

まだ読書グセが付いてにない中で

記録→めんどう→読書しない となる流れが考えられたので

簡単に何を読んだかわかるようにEvernoteに記録している

 

f:id:kayutako:20180728234255p:plain

 

7月末時点で30冊

残り5ヶ月で70冊は厳しいペースかもしれないがよくよく考えてみたら

1年間で30冊読んでいることもこれまであっただろうか?

 いや、なかった。

 

なぜ読書数を増やすことができたのか考えてみた。

 

一つ目の理由としてに登録したことだと推測する。

月額980円。これを私のお小遣いから支払っているのだが

とにかくジャンル無関係で気になったものをライブラリに追加して読んでいる。

これがすべて紙の書籍だったら月に万単位の出費になる可能性だってある

読める本は限られるが 気になったことが対象になっていれば

こんなに投資を抑えることはできなかったと思う。

また1冊数千円の本だったのに期待はずれの内容だった・・・

となると 本を選ぶことに時間をかけ

買う判断が鈍り・・・本に触れる機会が減ることだろう

 

ちなみに好きな著者・テーマのに関しては有料で購入しているが電子書籍の場合

紙媒体より割り引かれているのでそれもありがたい。

 

 

二つ目の理由は読書スタイルを電子化したことだと推測する。

いま、私は8割電子書籍、2割 紙書籍だ。

いつでも・どこでも・気楽に くらいの状態にしていないと

きっと続かないので 今のところ正解だと思っている。

画面は小さくなるがスマホがあればいつでも続きが読める

荷物が多くなりがちな私にとって軽量化はありがたいことだ

 

 

 

三つ目の理由は 読書時間の確保だ。

私のなかで読書時間は最低でも30分くらいは時間のゆとりがないと

読み始めてはいけないという思い込みがあった。

だけど今は電子書籍にしたことで5分も時間があれば起動して読む習慣になっている

 

5分のスキマ時間は1日の中で結構あるものだ

長い時間、ゆったりとコーヒーを飲みながら読書ができれば嬉しいが

今の私にはそんな時間を捻出することはかなり厳しい。

でも5分であれば1日のなかでなんども出現する。

 

家事や仕事もあるのですべての5分間を読書に当てることはできないが

いまの私は1日の中で2回はある。

長くまとまった時間だと次にいつ取れるかわからない

どこまで読んだか分からないが

細切れでも時間をできるだけ開けずに読んでいると

あれ?どこまで読んだっけ?

なにが書いてあったっけ?

ちょっと読み返そう・・・なんてことがないので

いいことはあると思っている

 

 

読書グセ(癖)をつけようと思った結果 今のところ読書量が増えている。

読書量が増えると自分の中で大小さまざまなアンテナが立っている感覚があり

いままでスルーしていた情報をキャッチして考えるようになってきた。

これは私にとって良い傾向だと思う。

 

読書した結果についてはまたどこかで改めて記事にしたいと思う。