タコライフ タコワーク バランス

手帳 ノート 家計簿 スペースクリアリングや日常について徒然

子供の薬をもらってまずすること

先月末頃から一歳の娘が
腸炎にかかり

生活も仕事もなんだかバタバタした日を過ごしていました。

腸炎は旦那にうつりましたが
離していた息子にはうつらず
私も平気でした。

なぜか今年は花粉症の症状も軽くて。。
なんでだろう。。と不思議に思いつつも
もしかしてあれが効果あったの?と
予想してるものもあります。

今日、手帳と向き合って相談しようかな(笑)


さて、子供の薬は出る種類が多く
粉薬ともなるとその嵩はすごいですね。

我が家は子供たちの薬はできるだけ
シロップではなく粉薬にしてほしいとリクエストします。

子供たちはどちらでもきちんと飲めるのですが
私は計量の手間と無精故の衛生面を考えて
粉を希望します。

シロップはなんだか液量もおおく
粉だと水加減を調節できるので
喉がいたいときは飲み込む水分量を少なくしてあげられます。
(味はきっと濃いけど)


そんなこんなで我が家には
粉薬多いときできょうだいあわせて8種類くらい存在するときがあります。


飲むたびに点線に沿ってちぎって
あけて、溶かして飲ませて。。。

それが一日に何回も大変ですね。

少しでも工数を削減するために
わたしがしていることは

家に帰ったら
まずすべて個包装にすること

繋がりになっている粉薬をすべて1個ずつに切り離します。


切り離した袋はまた紙袋に戻します。

以前ここからさらに一回分ずつにまとめたりしましたが
まとめるための袋だったり、クリップだったり。。

必要な資材が増えてしまったので一回分ずつにまとめることはやめてしまいました。

あとは飲む直前にもう一度飲ませる内容を
十分に確認するという意味でも元あった袋に戻します。

ただ切り離しておくだけですが
少し楽になった気がしています。


ママ様がたが病院でもらった薬たちをどのように管理されているのか非常に興味があるところです。