タコライフ タコワーク バランス

手帳 ノート 家計簿 スペースクリアリングや日常について徒然

食洗機あきらめる?水切り籠はなくなったキッチン

今の、家を建てるときに私は食洗器がほしかった。

なぜなら子供が小さくやるべき家事もやりたいと思ったときにできないからだ。

食器も洗濯機のように洗ってくれたらなんとも気分も楽だろう・・・

 

育児と仕事の両立についてずっともやもやしていたので

家を建てるときに一番に希望していたのは「食洗器」だった。

 

けれど、最後はお金の関係で「食洗器」は切り落とされていた。

私の知らないところで、当時そんなに家事を手伝っていなかった

夫の意思によって削られた。

 

まさか私もそうなっているとは思わず家の設計図を

そこまで詳しく見ていなかったのだが、家の引き渡しの時に

あると思っていた「それ」がなかったことで非常に驚き、落胆した。

 

夫にも恨みつらみを言ったと思う。

夫は誤ってくれた。そんなにほしいと思っているとは思わなかった。

外付けでもよかったら今からでも買おうとまで言ってくれたのだが

完全にへそを曲げた私は首を縦に振らずにここまで来てしまった。

 

ここに越してきてもうすぐ3年になろうとする。

今現在、私には食洗器はいらない。

それどころか食器の水切り籠も捨ててしまった。

 

洗った食器はよく清潔にしたキッチンの台に置く。

一通り流し終えた後にもう一度食器を手に取り

大まかに水を切る。

そしてすぐに拭いてしまい、しまうのだ。

(どうしてもすぐに片づけられないときにはタオルを敷いておく。)

 

少し前だったら水切り籠は絶対必需品だと思っていたので

使わない選択など考えられなかった。

 

もちろん今でも洗いたいときに子供がぐずってすぐに洗えないということはある。

けれど、子供も成長し、少し我慢することも覚えてきたので

以前ほどではなくなった。

 

水切り籠がなくなった我が家のキッチンは料理スペースが広くなり

なんだか、台所にいよう、もう一品作れるかな思う気分になってくる。

すると、調理時間が増えてなんだかいいことつくしな状況だ。

 

水切り籠はいま使わなくなったので棚に置いている。

半年も使わなかったら本気で廃棄を考えている。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村