タコライフ タコワーク バランス

手帳 ノート 家計簿 スペースクリアリングや日常について徒然

娘の乳アレルギー‗発症時の記憶

私の娘(1歳)は乳アレルギーである。

発覚したのは2015年の1月正月休み中

病院も休みに入る年末に私の両親、夫が次々とインフルエンザに倒れ

 大人で最後の砦だった私も年が明けて病院が始まりだすころに

インフルエンザと倒れたのだ。

 

その当時、娘はまだ授乳+3回食なりたてくらいで

授乳の量もまだ結構な割合を占めていた。

 

授乳期間中の母親がインフルエンザ。

もちろん、4歳の息子の世話もあるし、薬の服用は間逃れません。

(夫はインフルエンザ治りかけ、両親も回復期で助けてもらえない環境)

私はリレンザを処方されました。

 

その時医者に言われたのは授乳そのものは問題ないけれども

授乳行為が乳児と高密度の接触をするため

もしかしたら移ってしまうかもしれないということだった。

 

できれば粉ミルクでほかの人が保育して

接触は限りなく避けるべきだといわれた。

 

完全母乳だった私は急きょ粉ミルクを数日分購入して

入院中ぶりに娘に飲ませることにした。

久しぶりだし、一応離乳食もとっているしということで

100㏄を飲ませた。

 

すると昼寝を挟んで4時間後

マーライオンを彷彿させるようなおう吐をした。

そのときは、腹這いになっていたのでうまくゲップができなくて

戻しちゃったのねと思い服を着替えさせた。

 

すると30分後また吐いた。。。

顔色は悪くなく、でも普段より元気はない気がした。

熱も測ったが36度台だった。

 

でも明らかにこれだけの量を連続して嘔吐するのは

おかしいと思い母子手帳の電話相談にダイヤルした。

この後の処置と救急外来に行く必要があるか相談するためだ。

 

電話口の相手は穏やかな女性の声で

嘔吐の量、間隔、顔色、体温、月齢を聞かれた。

私たちがインフルエンザにかかっていること

胃の風邪が流行っているのでもしかしたら・・・ということだったので 

 

母乳やお茶を好きなだけ飲ませるのではなく

白湯を一口ずつ30分くらいの感覚を開けて

吐かないことを確認しながら与えるようにということだった。

 

そして最後に月齢も低いことから、

次に不安に思ったら救急外来を受診するようにとのことだった。

 

電話を切って私は初めの一口を飲ませた。

すると20分後娘は大量の嘔吐をした。

 

インフルエンザに罹った私たち夫婦は救急外来への受診を決断し

20時に家を出発することとなった。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村