タコライフ タコワーク バランス

手帳 ノート 家計簿 スペースクリアリングや日常について徒然

続。2016年のありたい姿

子供との時間を大切にしたい


産休明け前後でガラッと変わったこととして
やはり大きいのは子供とのかかわり合う時間。

満足度の感じかたは人それぞれだと思うので
どうあるから濃いのか、薄いのかは
定義はなかなかできないけれど

私自身が感じる子供とのかかわり合いは
やはり仕事をはじめてから薄くなった気がします。

少ない時間のなかで
どう、二人の子供と向き合おう ではなく
食事、入浴介助、就寝という
行程をこなすかに意識がいってしまい

少し時間ができれば
今のうちに、明日の準備をしたくなってしまいます。

もちろん、私だって帰ってくれば疲れているし。
まだまだ、子供たちは意思の疎通が完全にできないし。

効率を優先してしまう。

でも、二人が寝静まったあとに思う。


家事の達成感より育児に対する罪悪感を。


それは平日だけでなく、休日も同じだ。
休日のほうがもっとひどい。

夫が普段かかわれないぶん
みっちり遊んでいる。私は家事に集中する。
平日の楽貯金をとれだけ捻出するか働いている。



余計なことは考えずに子供と向き合い
一緒に夢中になる時間を作りたい。

夜、罪悪感の色が少しでも薄れるような
子供とのかかわり合いをしていきたいなとおもいます。