タコライフ タコワーク バランス

手帳 ノート 家計簿 スペースクリアリングや日常について徒然

うちの家計簿

うちの家計簿


私はきっちりと家計簿をつけられない。
過去につけようと思ったことはあるのだが
三ヶ月続かなかった。


集計項目が細かすぎた


敗因としては、集計項目が細か過ぎたことにあると思う。
私のよくある敗因パターン。
理想が高いことに起因しているのだと思うのたが
やったことによる、未来像が高すぎるのだ。

家計簿に至っては食費ひとつをとっても
大根一本がいくら。。
まで書き込もうとしていた。


過去と比較しても仕方ない


大根一本いくらだったか。
今回買ったものはいくらだったのか?
その差が今の私にどう影響するのが?

よくよく考えてみると大した影響は、ない。

買った(行為)ことによりもう、
過去を振り返っても仕方ないのだ。
高いと思ったら過去の私は
その場で買わない判断を下している。

だから大根一本値段を記録する必要は、ないと判断した。


店ごとの集計をしてみた


次に食費というカテゴリーで集計した
でも買った場所が、わかるようにしてみた。

でも。これも前述と一緒で三ヶ月以上つづかなかった。

続かないということはまだ私にストレスがあるのだと思う。


大項目だけにした


ストレスがないように管理項目は大項目だけにした
今のわたしの家計簿の項目

  • 食費
  • 外食
  • 生活費(食費以外)
  • 子供関係
  • 光熱費
  • 敷金
以上だ。
外食だけ分けているのは外食代の見える化をしたいとおもっているから。

今のところ半年は続いた。


記録はというと

スマホのアプリに
レシートごとの支出金額を打ち込む。

ノートに月毎の集計金額を書き込む。



まとめ



まずは大まかなお金の出入りだけ把握できればよい。

情報が足りないと思ったらまた少しずつ項目を細分化していくことにする。

まずは記録をつける癖作りが先決なのだ。